カートをみる 会員登録・マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ・ご感想 お客様の声 サイトマップ
 

マクロの鉄人 Vol.30

バックナンバーはこちら
マクロの鉄人『岡田英貞』

うだるような暑さが続くとスッキリした食事が欲しくなりませんか? そんな時は、爽やかさやパンチのあるハーブやスパイスを使った料理がぴったりです。ハーブやスパイスは香りや味を楽しむだけでなく、アーユルベーダのように、気分を良くして疲労回復や健康増進に効能が期待できるという考え方もあります。使い方は大きくは2つあります。料理に入れて香りと味を楽しむ方法と、香りをスープや油などの液体に浸し、移り香を楽しむ方法です。ハーブやスパイスを上手に使って、出盛りの夏野菜をいつもとはひと味違う料理に仕上げてみましょう。

野菜とハーブの冷製マリネ・スープ水切り豆腐の香草パン粉焼き 夏野菜サルサ添え

先生プロフィール

岡田英貞 / おかだひでさだ

リマ・クッキングスクール師範科修了。
リマ・クッキングスクール師範科副主任講師。
商社に勤務するも環境問題や食の安全性、自然食について強い関心を持ったことから退職し、コックの道を目指す。
2005年8月に東京代官山に「メルロ パノニカ」を開店、2014年1月に東京都目黒区に新しくできた「Cuicine et Canté LIMA」の料理長に就任。
料理を通じ、マクロビオティックを普及中。

以前のカノン小林の食養レシピはこちら↓
カノン小林の食養レシピ

ページトップへ