カートをみる 会員登録・マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ・ご感想 お客様の声 サイトマップ
 

産地レポート Vol_22「しあわせ野菜畑」

バックナンバーはこちら
産地レポート:しあわせ野菜畑
商品情報はこちら

まるで夏の陽気のような5月中旬に、静岡県掛川市で有機野菜を栽培している“しあわせ野菜畑”さんを訪問してきました。

  

農業高校で教員をなさっていた代表の大角さんが、農業に興味を持った若い方を受け入れられるような農業経営体を目指し、また大角さん自身が農業の可能性に賭けてみようと考えて2009年に起業しました。昨年有機JAS認証を受けていらっしゃいます。
ここ掛川市の粘土質の土壌で作る農作物は、非常に味が濃いのが特徴です。また有機栽培で育てることにより、よりおいしく力強い野菜本来の味が楽しめる野菜が出来上がります。

  

この時期はたまねぎやじゃがいも、人参といった根菜類、小松菜やほうれん草などの葉物類、トマトやなす、えんどう豆、ズッキーニやカボチャなど育てておりましたが、広大な農場では年間50種以上の野菜を、若い女性スタッフさんが中心となって毎日一生懸命に農作業に励んで育てています。じゃがいも畑ではその女性スタッフさんの一人に遭遇。遠くは佐賀出身とのこと。人一倍元気の良い方で、気持ちいいくらいキビキビと働いてらっしゃいました。 今回は日本では生で食べることが珍しい、グリンピースやそら豆などもぎたてをいただきました。非常に甘く野菜本来の風味が口いっぱいに広がり、大変美味しかったです。そのまま食べられるのも安心の証です。

    
  

“しあわせ野菜畑”さんで栽培している野菜の特徴は、もちろん無農薬・無化学肥料での有機栽培で有機JAS認証を取得している点ですが、新鮮な野菜を販売する直売所を運営し、お客様と直に触れ合っています。掛川駅の物産店でも購入することができます。地元の飲食店にも野菜を卸しており、その野菜を使ったメニューが提供されています。また農業体験の農園を定期的に開催したり、地元の方向けに有機栽培の農園を貸し出したりと、地産地消・身土不二といった地元にしっかりと根付いた取り組みも積極的に行っています。
出荷場ではちょうど出荷作業の真っ最中でした。青々と力溢れる旬の野菜をそれぞれ品種別に袋詰めし、全国のお客様にお届けしています。心のこもった野菜は、それぞれのご家庭でおいしい料理になるのでしょうね。

  
有機栽培を実践し、年間を通じて多くの品目の野菜を作っていらっしゃる生産者さんはあまりいらっしゃいません。やはりそれだけ難しいことです。そんなたくさんの手間の掛かった旬の野菜を召し上がっていただいて、生産者さんの想いを感じていただけたら幸いです。

レポート/リマコーポレーション 小松

【今回ご紹介の商品】

バックナンバーはこちら

ページトップへ