カートをみる 会員登録・マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ・ご感想 お客様の声 サイトマップ
 

炒り玄米

炒り玄米
豆乳は少し温めておくと泡立ちやすくなり、生地もふんわりと仕上がります。

玄米を炒ると消化しやすくなります。そのまま食べられるので、おやつや非常食に、茹でておかゆに、白米に混ぜて炊いたり、エナジーバーやグラノーラの材料としてなど、色々利用できます。
瓶に入れて保存すれば半年は美味しくいただけますので、ぜひキッチンや食卓に常備してみてください。

材料(作りやすい分量180〜200cc)
玄米…… 1カップ
作り方

玄米をおがみ洗い(または6時間浸水、または50℃洗い)して、水を切る。
 ※黒米の場合はサッと汚れを落とす程度に洗う。

フライパンを熱し、玄米を入れ木ベラで5分混ぜる。

パチパチと音が出始めたら、キツネ色になるまで炒る。

ザルまたはバットにあげて粗熱をとる。
ワンポイント
  • フライパンは直径20cm以上のものを使用してください。

あだち ひろこ
リマ・クッキングスクール師範科修了。試作会で上級コースおよび師範科で優秀賞受賞。“よろこぶカラダ”をモットーに食育活動中。12歳から料理に目覚め、料理歴24年。娘の妊娠を機に夫からマクロビオティックを薦められ、体質改善を実施。自己治癒力を高めるための料理を心がけ、アレルギー対応おやつを通販で販売。料理離れが進む中、忙しい人がかんたんにおいしくつくれるレシピを一人でも多くの方々に伝えたく活動中。

ページトップへ