カートをみる 会員登録・マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ・ご感想 お客様の声 サイトマップ
 

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ 第四回

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ

大切なのは命

すべて、物を大切にしないことは、命を粗末にすることになります。私は、 それまで物を粗末にばかりしていました。それは罪悪であり、エゴイズムの行為です。食べきれないほど料理を作って、くさらせたり、残り物を始末 しなかったり、着物をタンスー杯買い入れて、手を通さないものがあったり、 少し傷んだものでも、直せば着られるのに捨ててしまったり、こういうことを 繰り返していると、その心のゆるみが食生活にもあらわれ、主婦自身が病気になったり、家族の中から病人を出すことになります。GOは「秩序」ということをやかましく中しました。引き出しの中でも、頭の中でも、身なりから、 家の中の整理整頓、手紙の処理にいたるまで、すべて「秩序づけ」が大切です。 その「秩序づけ」が、「生命の秩序」を守り、育てることにつながるのです。

筍ごはん

筍とあらめの煮物

牛蒡のおろし揚げ

春菊の磯巻き

森騰廣ポートレイト調理 森 騰廣(もり たかひろ)
基本のマクロビオティック料理から、独自のアレンジを加えた応用料理、創作そば、パン、スイーツ等、得意料理も多い。現在、リマ・クッキングスクールで初級・中級・上級クラスを担当。
小幡杏子ポートレイトアシスタント 小幡杏子(おばた きょうこ)
リマ・クッキングスクール師範科修了生。ベジ・バリ料理研究家。ベジ食材だけで作るバリ料理を研究し、各地で料理教室を行う。「また食べたい」「また作りたい」と思ってもらえる料理を日々考案中。
今月のレシピ バックナンバー

ページトップへ