カートをみる 会員登録・マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ・ご感想 お客様の声 サイトマップ
 

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ 第五回

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ

大切なのは命

生命は環境の産物です。「身」とは和たちの「心身」、「土」とは自然的であれ、 社会的であれ、過去からもひきついだ、あらゆる「環境」のことを意味します。 「身土不ニ」とは、その「身」と「土」とが一体である、ということを仏教の 言葉をかりて表わしたものです。 和たちは、環境を正しく摂り入れることを心がけなければなりません。 あらゆる自然の生命は、「その土地、その季節にできるもの」を摂っています。 人問だけが、遠い、異なった環境にできた産物を好んで食べ、夏にとれるべきものを、無理に温室栽培して、一年中食べるようにしています。これは r空間の秩序」と「時間の秩序」を破っていることにな0ます。 日本のような温帯にいて、熱帯にできる果物を好んで食べてはなりません。 また、夏にとれるべきトマトやキュウリを冬の寒い季節に多食すると、体が 冷えて陰性になってしまいます。つまり、自分の住んでいる土地になるべく 近い環境でとれたものを、旬の季節に食べることをよし、とします。

玄米信田寿司

いんげんと人参の白和え

おこと汁

柏餅(さつまいも餡と小豆餡2種)

森騰廣ポートレイト調理 森 騰廣(もり たかひろ)
基本のマクロビオティック料理から、独自のアレンジを加えた応用料理、創作そば、パン、スイーツ等、得意料理も多い。現在、リマ・クッキングスクールで初級・中級・上級クラスを担当。
小幡杏子ポートレイトアシスタント 小幡杏子(おばた きょうこ)
リマ・クッキングスクール師範科修了生。ベジ・バリ料理研究家。ベジ食材だけで作るバリ料理を研究し、各地で料理教室を行う。「また食べたい」「また作りたい」と思ってもらえる料理を日々考案中。
今月のレシピ バックナンバー

ページトップへ