マクロビオティック&オーガニックフーズ(安心・安全な自然食品のお店)

代引き手数料無料 1万円以上ご購入で送料無料 楽天ペイ

ただいま割引中(9%OFF+1%point)
 

伝統レシピ

ワンタンスープ

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ

ワンタンスープ

材料(4人分)

地粉……3カップ
ベジミート(ひき肉タイプ)……200g
生姜(みじん切り)……小さじ1
玉ねぎ……1個
きくらげ……5g(水で戻す)
人参……少々
さやいんげん……少々

とうがらし……1/2本
出し汁……5カップ
ごま油……大さじ1
塩……適量
醤油……大さじ1
葛……1/2カップ

作り方

地粉に塩小さじ1/2を入れ、水を少しずつ加えながら耳たぶくらいの固さになるまでよく捏ねる。

①を平らにのして、打ち粉をして2つ折りにしてのして広げる。
両面に打ち粉をよく振り、4つ折りにしてさらによくのす。
これをくり返して、2mmほどの厚さにのばし、8~9cm角に切る。

玉ねぎはみじん切りにする。きくらげは細切りにする。
鍋にごま油をあたため、生姜、玉ねぎの順に入れてよく炒め、塩小さじ1/2を入れる。
火からおろしてきくらげを入れ、ベジミートと醤油を入れてよく混ぜる。

②の真ん中に③を大さじ1程度のせ、三角に折って両端を持ち、手前に曲げるようにしてしっかり合わせる。

出し汁を煮立て、塩少々を入れて④を茹でてザルに取る。

出し汁の中に人参を入れ、やわらかくなるまで煮る。とうがらしの種を取り除いて細かく切ったものを入れる。

⑥に⑤を戻し、塩で味を調えてひと煮立ちさせる。
ワンタンをスープとともに器に盛り、色よく茹でて小口切りにしたさやいんげんを散らす。

ワンポイント

  • 飾りの人参は型抜きしたものを使うなど、食材を無駄なく使い切りましょう。

シューマイ

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ

シューマイ

材料(4人分)

地粉……3カップ
ベジミート(ひき肉タイプ)……200g
キャベツ……3~4枚
春雨……20g
さやいんげん……5~6本
生姜(みじん切り)……小さじ1

葛……少々
クコの実……適量
ごま油……小さじ2
塩……適量
醤油……大さじ1
胡椒……少々

作り方

地粉に塩小さじ1/2を入れて水を少しずつ加えながら、耳たぶくらいの固さになるまで捏ねる。

①を麺棒で2mm程度の厚さにのばし(くっつかないように打ち粉をまぶす)、直径8cm程度の円型で抜く。

キャベツは細切りにする。さやいんげんは色よく茹でて小口薄切りにする。
春雨は熱湯をくぐらせ、4cm程度の長さに切る。

鍋にごま油をあたため、生姜を入れ、香りが立ったらキャベツを入れて軽く炒めたら蓋をして蒸し煮にする。
塩小さじ1と1/2、胡椒を加えて春雨を入れ、ベジミートと醤油を入れてよく混ぜ合わせる。

②の真ん中に④を大さじ山盛り1こんもりとおき、左手の指を丸く曲げた中でシューマイの形を作る。
蒸し器に濡れ布巾を敷き、湯気が出てきたら⑤を並べて約15分蒸す。
⑥を器に盛り、さやいんげんとクコの実を飾る。

ワンポイント

  • シューマイの具を包むときは、先が平たいバターナイフなどと使うと便利です。

八珍豆腐

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ

八珍豆腐

材料(4人分)

厚揚げ……1丁 
玉ねぎ……1個
ベジミート(ブロックタイプ)……100g
干し椎茸(直径3cmくらいのもの)……4個
とうもろこし(茹でたもの)……少々

大和芋……5cm 
花形人参……8個
さやいんげん……少々
生姜……少々
とうがらし……1本

出し汁……適量
ごま油……大さじ1
醤油……適量
胡椒……少々
葛……適量(同量の水を加える)

作り方

厚揚げは1cm幅の食べやすい大きさに切る。玉ねぎは1cm幅の廻し切りにする。
ベジミートは2cm厚4cm幅に細長く切ってからそぎ切りにする。
干し椎茸は水で戻し、石づきを取って4つに切る。
とうもろこしは実をはずし、5~6粒ずつ楊枝に刺す。

大和芋は5mm程度の輪切りにする。花形人参は色よく茹でる。
さやいんげんも色よく茹で、斜め大切りにする(茹で汁は捨てずに煮込むときに用いる)。
とうがらしは種を取り、みじん切りにする。

鍋にごま油をあたため、みじん切りにした生姜ととうがらしを入れて香りが立ったら玉ねぎを入れてサッと炒める。
厚揚げ、ベジミート、椎茸を加えて混ぜ、醤油大さじ4を加えてさらに炒める。

③に出し汁をひたひたに加えて中火で煮る。
途中で大和芋を入れて材料全部が柔らかくなるまでよく煮こみ、醤油で濃いめの味をつける。

④に水で溶いた葛を流し入れてとろみをつけ、いんげん・とうもろこしを加え、胡椒を振る。

器に盛って花形人参を飾る。

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ 第三十回

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ

食養とは愛の生活②

よくみのった梅を前夜から水に漬け、朝水を切り、つぼに塩を少々入れ、一ならべ梅を入れ、塩、梅と順々に漬け、軽い押しをしてふたをし、半月ほどそのままにして置き、しその葉を塩でもみ、軽くしぼり、梅漬の上に のせ塩を一カップふりふたをします。土用に梅を三日三夜外に干します。しその葉はかたくしぼり天日に干しカラカラになったら手でもみ瓶に入れてたくわえます。干した梅は汁につけ、全体がしめったら汁をしぼり、汁は 別の瓶に入れて保存します。

シソの葉のほしたものはゆかりといって夏、御飯にかけたり、お茶にうかしたり、イナリズシに交ぜたり利用方法はいくらもあります。

梅の汁は夏小さじ1/2杯コップに入れ冷たい水を七分目入れて頂きます。オスシの酢の代りに用います。その時は水を半分混ぜて用います。下痢の時は盃一杯のみます。

梅干は夏は一個おひつの底に入れておくと御飯が全然いたみません。昔から旅行前には必ず朝一コ梅干をたべて出かけよと申しています。梅干を入れたオムスビは旅行、ピクニック等に便利です。梅干は私共に欠くことの出 来ない大切な食料であり、薬用となりますから一家にはぜひ保存しておかねばなりません。

桜沢里真著「マクロビオティック料理」(日本CI協会※絶版)より原文引用

八珍豆腐

シューマイ

中華まんじゅう

ワンタンスープ

櫻井 裕子ポートレイト調理:櫻井 裕子(さくらい ゆうこ)
クッキングスクール リマ藤が丘校主宰。2006年、妊娠を機にマクロビオティックに出会う。 現在3人の子どもをマクロビオティックで子育て中。忙しい方でも無理なく、楽しく続けていけるシンプルなマクロビオティック料理を目指す。
上 由美子ポートレイトアシスタント
上 由美子(うえ ゆみこ)

田舎まんじゅう

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ

田舎まんじゅう

材料(10個分)

地粉……400g
大和芋……300g
小豆・甘粟……各カップ1/2 
塩……適量
炒りごま(黒)……適宜

作り方

大和芋は細かくおろし、すり鉢でよく擂る。
塩小さじ1を加え、地粉をふるいながら少しずつ混ぜて耳たぶより少しやわらかめの固さにして10等分にする。

小豆は3倍の水と一緒に弱火でゆっくり煮る(水分がなくなってきたら小豆がかぶる程度の水を加えて煮る。
差し水を3~4回するうちにやわらかく煮える)。
小豆が煮つまったら塩小さじ1/2を加え(ここではじめて混ぜる)、火からおろして冷ます。

②に甘栗を入れて3cm大に丸め、①でくるんで形を調えてごまを飾る。

湯気の上がっている蒸し器に濡れ布巾を敷き、③を適当な間隔をおいて並べて15~20分蒸す。

ワンポイント

  • 大和芋が足りず固い時は水を少し加えて調整してください。

豆腐のしのだ蒸し

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ

豆腐のしのだ蒸し

材料(4人分)

豆腐(水切りしておく)……1/2丁
油揚げ……3枚
南瓜(裏ごししたもの)……1カップ
ベジミート(ひき肉タイプ)……60g
干し椎茸……2個

炒りごま……大さじ1
昆布……10cm
塩……適宜
醤油……大さじ2
ごま油……大さじ1

作り方

油揚げは長い一辺を残して三方にハサミを入れて開き、熱湯をかけて油抜きする。
鍋に昆布を敷き、水1カップと1/2、醤油を入れ、油揚げをじっくり煮る。

豆腐は細かくつぶす。干し椎茸は水で戻し、みじん切りにする。

①の残り煮汁でベジミート、椎茸を煮る。

鍋にごま油を熱し、豆腐をよく炒めて③と南瓜の裏ごししたものと炒りごまを入れ、よく混ぜ合わせて塩味をつける。
①をすだれの上に広げて④を平らにのせ、端から巻く。
湯気の上がった蒸し器に⑤を入れて15分ほど蒸し、適宜に切って器に盛る。

手打ちうどん

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ

手打ちうどん

材料(4人分)

地粉……500g
長ねぎ……2本
南瓜……200g
油揚げ……3枚
三つ葉……少々

出し昆布……20cm
のり……1/2枚
ごま油……大さじ1/2
塩……適量
醤油……少々

作り方

地粉は塩小さじ1を加えてまぜ、水を少しずつ入れながら耳たぶくらいの固さになるまでよく捏ねる。
濡れ布巾をかぶせて30分ほどねかせる。

長ねぎは1cmの小口切りにする。南瓜は種を取って小さく切る。
油揚げは小さな三角形に切り、薄く下味をつける。
のりはサッとあぶり、細切りにする。

鍋にごま油を熱し、長ねぎを入れて炒め、南瓜を加えてさらに炒める。
水を7カップ加え、出し昆布を入れて煮込み、塩と醤油で吸い物より少々濃いめに味をつける。

①を6mmほどの厚さにのし、折りたたんで小口から切る。

④を③の中にバラリと入れ、しこしことした歯ざわりになるまで煮こむ。
器に盛り、三つ葉とのりを飾る。

ワンポイント

  • さらしねぎを散らしてもおいしくいただけます。

たけのことあらめ

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ

たけのことあらめ

材料(4人分)

たけのこ(水煮)……150g 
あらめ……30g 
出し汁……適量

ごま油……小さじ1
醤油……大さじ2
人参・いんげん……各少々

作り方

たけのこを切り揃え、あらめはサッと洗う。

ごま油でたけのこを炒めてあらめを加え、出し汁を材料がかぶるくらい入れ、中火でじっくりと煮る。

たけのこがやわらかくなったら醤油を加え、味が沁みこむまで煮つける。

茹でた人参を型抜きしたものと、いんげんを小口切りにしたものを飾る。

ワンポイント

  • 旬のたけのこが出てくる時期にぜひ作ってみましょう。
    あらめがない時は煮くずれしないわかめを使ってもよいでしょう。

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ 第二十九回

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ

食養とは愛の生活②

よく考えればその通りであって、正しい食の秩序を知らず、まちがった人生観を持っていたので、すっかり身体を悪く、弱くして、人様にそして近親に迷惑をかけていたのでした。よくこれまで生きて来られたと思うほどの、非食養を毎日毎日くり返していたのでした。

それは約四十年も以前の三十七才位の夏のことでした。食養を知ってからは本格的に読書、食養の実行にはげみ、一年の後に桜沢と結婚してからは、一日としておこたらず、徹底的に色々と教えられ、今までの家庭とはうって変わって、きびしく多忙な生活となり、これまでに身につけた、茶道、華道、手芸等はすっかりおあずけとし、日常生活はがらりと変ってしまったのです。今まで机と縁のなかった私は桜沢のそばでお手伝いをしたのですから、いかにちぐはぐでめんくらったことか、今考えるとほんとうに申しわけない気がします。


桜沢里真著「マクロビオティック料理」(日本CI協会※絶版)より原文引用

たけのことあらめ

手打ちうどん

豆腐のしのだ蒸し

田舎まんじゅう

櫻井 裕子ポートレイト調理:櫻井 裕子(さくらい ゆうこ)
クッキングスクール リマ藤が丘校主宰。2006年、妊娠を機にマクロビオティックに出会う。 現在3人の子どもをマクロビオティックで子育て中。忙しい方でも無理なく、楽しく続けていけるシンプルなマクロビオティック料理を目指す。
上 由美子ポートレイトアシスタント
上 由美子(うえ ゆみこ)

みたらしだんご

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ

みたらしだんご

材料(8本分)

玄米粉……200g
餅玄米粉……200g
黒ごま……カップ1/2
醤油……大さじ2

自然酒……大さじ2
葛……大さじ2
塩……少々

作り方

玄米粉と餅玄米粉を合わせて塩少々を加え、熱湯で耳たぶくらいのかたさにまるまで捏ね、適宜に丸めて蒸かす。

①を濡れ布巾に包み、すりこぎで搗いて2cm大に丸める。

黒ごまは香ばしく炒り、細かくすりつぶして醤油と自然酒を加える。

水1/2カップを煮立て、③を入れてから葛を同量の水で溶いて流し入れ、とろみをつける。

②を3個ずつ竹串に刺し、器に盛って④をかける。

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
  • あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
    お買い物でランクアップ!
  • あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入で
    ランクアップ!

カート:

__ITM_CNT__/__ITM_TOTAL__
あと、__REMAINING_FREE_SHIPPING__送料無料 送料無料

商品一覧

■リマおすすめ商品

■オーサワジャパン取扱い商品

季節関連

↓季節関連の商品はこちらから

 

(商品ページへ直接リンクはしていませんのでご注意下さい) 

お問い合わせ・ご質問
  • 今日
  • お問合せ窓口の休業日
  • 夏季休業

【お電話でのお問い合わせ】
営業日:月曜~金曜日(土日祝休)
営業時間:9:30~17:00
※新型コロナウイルス感染拡大に
 伴い、受付時間を一時的に変更
 しております。
※土曜・日曜・祝日はお電話での
 お問合せ窓口をお休みとさせて
 いただいております。
 ご了承お願いいたします。


ページトップへ