カートをみる 会員登録・マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ・ご感想 お客様の声 サイトマップ

三五八漬け

三五八漬け
材料(4人分)

なす……1本 
きゅうり……1本
ミニトマト……4個 
みょうが……1個

三五八漬けの床
玄米……1合 麹……200g
塩……120g
(冷蔵庫で保存する場合は少なくてもよい)
作り方

なす、きゅうりは乱切り。ミニトマトはへたに十字の切れ目を入れる。
みょうがは縦4つに切る。

密閉袋に漬け床と野菜を入れ、野菜全体に行き渡らせる。

空気を抜いて冷蔵庫で3時間から半日漬け込む。


※塩120gで作る場合は、野菜は切らずにそのまま漬けることをおすすめします。
漬け床の作り方

玄米は柔らかめに炊いて、60度くらいに冷まし、麹と塩を加える。
炊飯器などで保温しながら一晩発酵させる(温度は60度を超えないようにする)。

甘い香りがしてねっとりしたら常温で3日から10日ほどおき、熟成させる。
(その後塩分が少ない場合は冷蔵庫へ入れる)


ワンポイント
  • 乾燥麹のときは50ccのぬるま湯を入れ、30分ふやかしておきましょう。

おおさわ みちか
初級、中級コース担当講師。食物アレルギーだった子どもの免疫力を高める食事法を求めて、リマ・クッキングアカデミー(現リマ・クッキングスクール)の門を叩く。修了後に助手として経験を積む一方、事務局スタッフとして教室運営にも関わる。自宅、カフェ、自然食料品店などで講座を開催し、現在に至る。料理は自身にとって愛情表現の一つであり欠かせないもの。桜沢先生の「ノンクレド」が座右の銘。体験に基づいた解釈と明るく楽しい講座の雰囲気づくりを心がけている。

ページトップへ