カートをみる 会員登録・マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ・ご感想 お客様の声 サイトマップ

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ 第十回

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ

料理の必要(1)「最も恐ろしい 最も大切なもの

 私供にとって一番大切なもののーつは言うまでもなく「いのち」であります。そのいのちの素は朝タに頂く食物であります。「生命」を大事に思うなら根本の「食物」に充分気をつけねばなりません。
 「食物」は「生命」にとって大切なものですが人々はこれを忘れがちで、ものを食べるのは 主に「たのしみ」や「だて」の様に思っている様です。食べ物は人を殺しもすれば生かしもする程の恐ろしい力を持っています。
食あっての命であって、食物のない所には生命現象はないのです。人間が食物を作るのではなく食物が人間を造るのであります。
 ここで言う食物とは広義の食物で生命を作る一切の環境を意味するものです。この広い 意味において出来た根拠が日常の食物であります。
 草でも木でもそれぞれ定まった食べ物がありますから場所をかえたり、肥料をかえたり するときっと出来が悪くなります。インドのくだものの木を日本に発育させることは出来ないし日本のをあちらにうつすこともむずかしいのです。みんな長い数千年、数万年の習貰と本来の 性質が異なっているためで、人間も同じであります。
 同じ人間でも国によってそれぞれ食物がちがい顔かたちまで変わります。それが自然に 定められた規則であって、それにふれる人々は皆きびしく裁かれ、その大切ないのちをいろいろな病気で苦しめられたり、ちぢめたり切ったりさせられます。
 世の中が開けてゆくほどこの「自然の法則」天の定めを忘れて行くので病人がふえるばかりです。和共は大切ないのちを養うために正しい食べものを摂らねばなりません。

栗ごはん

根菜の旨煮

そばがきの清まし汁

南瓜の糸切りだんご

森騰廣ポートレイト調理 森 騰廣(もり たかひろ)
基本のマクロビオティック料理から、独自のアレンジを加えた応用料理、創作そば、パン、スイーツ等、得意料理も多い。現在、リマ・クッキングスクールで初級・中級・上級クラスを担当。
小幡杏子ポートレイトアシスタント 小幡杏子(おばた きょうこ)
リマ・クッキングスクール師範科修了生。ベジ・バリ料理研究家。ベジ食材だけで作るバリ料理を研究し、各地で料理教室を行う。「また食べたい」「また作りたい」と思ってもらえる料理を日々考案中。
今月のレシピ バックナンバー

ページトップへ