マクロビオティック&オーガニックフーズ(安心・安全な自然食品のお店)

代引き手数料無料 1万円以上ご購入で送料無料 楽天ペイ

ただいま割引中(9%OFF+1%point)
 

伝統レシピ

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ 第十九回

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ

料理法の注意(4)

【第六 準備】

お料理には準備順序段取りが肝心です。用意した材料を次々と煮上げるのです。材料の用意が出来ぬまに、火をつけたり、お鍋のお湯をむだにたぎらせたり、こげつかせたり、親しい仲の友人に食事を出すのに長い時間台所に入り込んで長くまたせたりしない様にしたいものです。
 器物は、その時その時に手早くみがき上げすぐ布巾でふき、いつもきめた場所にきちんと整頓しておきます。特にお鍋はいつまでも新しい時と同じ様にみがき上げます。フランスの片田舎の農家の台所には三代も以前の食器が新しい時と同じようにぴかぴか光ってきちんと整理されてあります。布巾等ぼろになっても真白で、きちんとていねいに一枚一枚アイロンがかけてあります。衛生的であり、気持のよいものです。皆様の台所をもう一度見回して下さい。
 煮物をする時お鍋に水がついていたり、おこげがついていたりしてはおいしいお料理は出来ません。特に夏は水分がお鍋や器物についているとバイキンもつきやすいし、もう一度洗う時間もおしいのです。
 物の置き場所は常にきめて、整頓して置き暗がりでもすぐわかる様にしておきます。その整頓もよく考えて手順よく便利よくします。包丁などはいつもぴかぴか光らせてよくといで置きます。材料を切ってさびがつく様な包丁、ごりごり力を入れねば切れぬ様な包丁ではよいお料理は出来るものではありません。まな板も同じです。包丁はよくといでおけばまな板をへらす様なことはありません。また板の真中をへらす様では上手の料理人とは言えません。
 布巾はいつも真白に洗い上げ、アイロンをかけきちんとたたみ、いつも折目正しいものを使えるようにしておきます。全て清らかであること、台所で見る主婦は白い仕事服をつけ髪もくずさず凛々しい姿である事は尊いことです。身なりを調え髪をきりりっと、腕はかいがいしくまくり上げ働きよくし、必要な道具をそろえます。

桜沢里真著「マクロビオティック料理」(日本CI協会※絶版)より原文引用

きゅうりとわかめの白和え

えのき茸入り玄米粥

吸い物

ポチロン・マフィン

檜山 扶佐子ポートレイト調理 助川 ひろこ(すけがわ ひろこ)
管理栄養士、食物健康科学士(修士)。茨城キリスト教大学兼任講師(2019年度)。認定インストラクター、メディカルシェフ取得後、クッキングスクール リマ姉妹校認定講師となる。現在、筑波大学大学院博士後期課程に在籍し、農学博士を目指す。
上 由美子ポートレイトアシスタント
上 由美子(うえ ゆみこ)

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
  • あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
    お買い物でランクアップ!
  • あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入で
    ランクアップ!

カート:

__ITM_CNT__/__ITM_TOTAL__
あと、__REMAINING_FREE_SHIPPING__送料無料 送料無料

お問い合わせ・ご質問
  • 今日
  • お問合せ窓口の休業日
  • 年末年始休業

【お電話でのお問い合わせ】
営業日:月曜~金曜日(土日祝休)
営業時間:9:00~17:00
土曜・日曜・祝日はお電話でのお問合せ窓口をお休みとさせていただいております。
ご了承お願いいたします。

ページトップへ