マクロビオティック&オーガニックフーズ(安心・安全な自然食品のお店)

代引き手数料無料 1万円以上ご購入で送料無料 楽天ペイ

ただいま割引中(9%OFF+1%point)
 

伝統レシピ

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ 第二十五回

桜沢里真のマクロビオティック伝統レシピ

野草、野菜類の料理

野草は大変丈夫な自然の植物で、化学肥料も添加物も加えてありません。自然のまま、冬中、霜におおわれ、雪の下から力強くにょきにょきと、顔を出す野草こそ、私たちの身体を強くしてくれます。正月七日に頂く七草粥は、春に先がけて出る強い草のみです。
=寒い寒い冬の流れや、田のあぜに太陽の日を受けて、地面にはう様に、根は地中に長く根を下し大地から十分養分を吸上げている香りのよい草。
なずな=私たちが子供の時ペンペン草といった草。春先に質素な白い花をソッと咲かせて野原に風情を添えます。田んぼや畑等にたくさん芽を出して地にはっています。
ごぎょう=父子草、母子草といって、白い粉をふいた様な葉に、うっすら白いうぶ毛のある黄色の花を咲かせている草。
はこべら=はこべのことで、鳥に喜ばれる草。冬から春にかけて新芽を出し、春のあたたかい日をうけてよくのびると白い小さな花をそっと頭に飾ったかれんなはこべさん。大地の力を全身にうけて土の香を私たちに感じさ せます。おひたし、ゴマあえ等すてがたい味です。
ほとけのざ=タンポポに似たタンポポより小ぶりのもので土にペシャンと座ったお行儀のよい草。 すずな=かぶのことで霜、雪にも強い。
すずしろ=大根のことで霜をうけて△。
芹、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろこれぞ七草。
こんな力強い草を、正月七日によくきざんで煮、おもちと共にお粥に入れて頂く風習を残して下さった祖先に、感謝をささげましょう。

 寒い地方ではいっそう水分をひかえねばなりません。

桜沢里真著「マクロビオティック料理」(日本CI協会※絶版)より原文引用

野菜ふくめ煮

玄米餅しのだ煮

れんこんいとこ煮

ニラ入り雑炊

檜山 扶佐子ポートレイト調理:森 騰廣(もり たかひろ)
基本のマクロビオティック料理から、独自のアレンジを加えた応用料理、創作そば、パン、スイーツ等、得意料理も多い。現在、ベーシックⅠ・Ⅱ、アドバンス、マスターコースを担当。
上 由美子ポートレイトアシスタント
上 由美子(うえ ゆみこ)

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
  • あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
    お買い物でランクアップ!
  • あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入で
    ランクアップ!

カート:

__ITM_CNT__/__ITM_TOTAL__
あと、__REMAINING_FREE_SHIPPING__送料無料 送料無料

お問い合わせ・ご質問
  • 今日
  • お問合せ窓口の休業日
  • 年末年始休業

【お電話でのお問い合わせ】
営業日:月曜~金曜日(土日祝休)
営業時間:9:00~17:00
土曜・日曜・祝日はお電話でのお問合せ窓口をお休みとさせていただいております。
ご了承お願いいたします。

ページトップへ